1. 高級デリヘル求人
  2. 全国ご推薦
  3. 高級デリヘル求人基本情報(疑問解決)一覧ページ
  4. 高級風俗面接での戦略

高級風俗面接での戦略

高級風俗嬢の意外な統計

同じ風俗でも、大衆店と高級店とでは待遇に雲泥の差があります。同時に採用基準もです。

大衆店の場合、ある程度のルックスで愛想が良い、なおかつプレイに抵抗がなければ大体採用されます。

その反面、高級店ではルックスは水準をはるかに上回っていなければなりませんし、面接でのチェックも非常に厳しい傾向にあります。 大衆店でナンバーだった嬢でもあっさり不採用というケースもありますし、まったくの未経験者が採用率一桁という高級店に採用というケースもあります。

なので、中には面接の質問内容やチェック項目を把握し、高級店を渡り歩いている嬢もいます。確かに合理的ですし、やはり経験者は強いと言えます。

しかし、意外にも渡り歩きをしている風俗嬢の稼ぎは低いという統計があります。これは一体どういうことでしょうか?

高級店の本音は経験者が欲しい

専門的な職業の求人で「経験者歓迎」、「実務経験二年以上」といったフレーズを目にします。

言うまでもなく即戦力になる人材が欲しいからなのですが、同じ専門的職業でも高級風俗店は業界未経験者を優遇します。

なんだか矛盾してますよね。大衆店にはいないルックスと接客、プレイテクニックを兼ね備えたコンパニオン目当てでお客は利用するというのに、右も左もわからない人材を歓迎するのは。

高級店が未経験者を優遇するのにはちゃんとした理由があります。

風俗嬢は専門的な職業ではありますが、基本的に個人事業主です。つまり、店との契約は業務の委託という体系になります。

一見雇われているように思えて自営業同士の業務提携ということですね。 ここで意識の違いが発生します。

雇われている場合、なにかあれば雇い主がフォローしてくれます。しかし、個人事業主であった場合、特に業界経験が長ければ長いほど「頼れるのは自分だけ」という意識が芽生えます。これは避けようがありません。

結果、高級店を渡り歩いている嬢は、面接を受けるうえでの戦略を考えつつ、提示される条件でモチベーションが急激に変わります。

いくら高いポテンシャルであっても、バック率や細かな待遇で手抜きをされてはたまりません。 なので、本当は経験者を優遇したいものの、敢えて不採用にするというのが高級店の方針です。

 

■新しい求人コラムこちらから >>高級デリヘル求人HOWTO情報

 

<< 高級デリヘル求人コラム一覧ページへ戻る

 

大阪の高級デリヘル求人

高級デリヘル求人

 

当サイトに掲載されている全てのデータ(デザイン、文章、画像、CSS、HTML)の無断転載・複製を堅く禁じます