1. 高級デリヘル求人
  2. 高級デリヘルで稼ぐためのHOW TO情報
  3. 上手にお客様の願望を聞き出してNo.1になるには

上手にお客様の願望を聞き出してNo.1になるには

<< 高級デリヘル求人

<< 高級デリヘル求人コラム一覧ページへ戻る

当サイトに掲載されている全てのデータ(デザイン、文章、画像、CSS、HTML)の無断転載・複製を堅く禁じます。 W-DELI

どうやっても感じない女性を「マグロ」とたとえたのは昔の話。
最近では男性もマグロ化が進んでいます。事実、男性が高級デリヘルを利用する理由の一つに「感じさせて欲しいから」というものがあります。
もし、そんなマグロなお客様に指名されたらどう思いますか?実は、最高のリピーターになってくれるかも知れないんです!

好きでマグロなわけはない

そもそも、女性の不感症を「マグロ」と呼ぶようになったきっかけは、男性と女性とでは感じるポイントなんかが異なっていることが大きな理由でした。
男性はしごけばすぐ硬くなりますけど、女性はただ触れれて「どうだ、気持ちいいだろ?」と言われても感じませんよね?もしかすると、その女性はムーディーな空間で愛撫されたら感じるトリガーがあったかも知れないのに、「揉んでも舐めても反応がない」という男性目線で不感症だと決めつけられちゃったんですね。そして、同じような悩みに今男性が悩まされているという。

こんな接客はしてはいけない

イマイチ反応がとぼしいお客様の接客は大変です。
とっておきのテクを披露しても、時間をかけてもフィニッシュできなかったり、中折れしてしまったりするからです。
同じタイプのお客様と何回かあたると、自然と「どうすればいいの?」という気持ちになっていきます。
「どうして欲しいですか?」と質問しても「おまかせで」という素っ気ない一言。それならばと頑張ってみても気持ちよさそうじゃない。
そこでNGワードが出てしまいます。「もう(プレイ終了しても)いいですか?」。それどころか、ため息をついたり、ケンカ腰になってしまうキャストもいます。
どっちがお客様なのかわからない接客をしては、リピーターはつきませんし、クレームのもとです。

質問の仕方を変えてリピート率アップ

さきほど書いた「どうして欲しいですか?」という質問。もし、逆の立場ならどうしますか?「私が上になる」とか「抱きしめて」とか、すぐに答えられますか?初対面だと恥ずかしいはずです。
そこで、言い方を変えてみましょう。
「どうして欲しいですか?」じゃなく、「気持ちよくなりたいですか?」と質問してみましょう。
お客様は「いやだ」とは言いません。気持ちよくなるために高級デリヘルを利用してるんですから。
さらに、「じゃあ、乳首舐めながら手コキと、キスしながら手コキ、どっちが好き?」と具体的に質問してみましょう。
もしかすると、お客様は自分がどちらかが好きなプレイだと気づいて、とっても感じてくれるかも知れません。

たった一言、ちょっとした気づかいで、お客様の潜在的なニーズを引き出してリピート率がアップするテクニックです。
ぜひぜひ、明日から試してみましょう!

大阪の高級デリヘル求人

高級デリヘル求人

関連記事

MENU

BEST CLUBS

週間人気記事一覧

カテゴリー一覧

  • SNS
  • コンパニオン
  • テクニック
  • プレイ内容
  • ライバル
  • 体のケア
  • 体調管理
  • 出稼ぎ
  • 副業
  • 危険行為
  • 外国人の高級デリヘル求人
  • 大阪の求人
  • 契約内容
  • 富裕層の接客
  • 応募
  • 指名
  • 採用基準
  • 接客
  • 整形
  • 未経験
  • 札幌の求人
  • 求人のジャンル
  • 求人雑学アレコレ
  • 渋谷のデリヘル求人
  • 短期間契約
  • 禁止行為
  • 税金
  • 自宅待機
  • 衛生管理
  • 複数プレイの注意点
  • 転職
  • 退店
  • 面接
  • 風俗初心者
  • 風俗嬢の生活
  • 風俗嬢の癒し
  • 風俗嬢体験談
  • 高収入
  • 高級デリヘル求人
  • タグ一覧